正直・丁寧・真面目な生き方

今月の朝礼~2020年4月~

本院への見学者が最近増えてきました。
そして、いつも尋ねられるのは 「いつも朝礼で、この様にお話をされるのですか」 「どのようなお話をしたのか教えて下さい」という事です。
梶原理事長は朝礼では、
➀昨日感じた事
➁日経新聞の記事について
➂自分の考え方について
お話されます。歯科の話が少ないのも特徴の一つです。
その様なこともあり、こちらで少しご紹介致します。



 今月の朝礼~2020年4月~

昨日のインプラントの埋入は、画像診断技術の応用と

新しい材料を使っての初めての埋入でした。

以前だったら、中々難しい症例でしたが上手くいったと思います。

新しい技術が限界を克服したという事です。

技術の進歩が可能にしたという事でもあります。

人間は技術を使って道具を作ります。そして限界を克服したのです。

これを可能にしたのは人間だけです。

昨日は、「人間は素晴らしい。」「技術は素晴らしい。」と改めて思った次第です。



本日の日経新聞ですが、

相変わらずあまり良いニュースがありませんでした。

4月初めの米の雇用統計はマイナス70万人と驚くべき数字が出ておりましたが、

日本も景気ウォッチャーに見られる様に景気指標は、

今までで私が記憶している中でも最悪です。

更には、IMFが今年の世界のGDPはマイナス3%という恐るべき数字を発表しています。(リーマンショックですらマイナス1%もいっていなかった)

更には、ニューヨークの原油先物もマイナス。

即ち、原油を購入した方がお金を貰えるといった状況になっております。

これも34年ぶりだそうです。

毎日、今までの経済の基準では計り知れない事が起こっております。

今はそうゆう時代なのかもしれません。

だからこそ、我々を取り巻く外部環境を事実として常に意識する必要があると思います。

そうでないと、我々は何を行って何を辞めるかという戦略を練る事が出来ないからです。

今こそ、内部環境に目を向けるばかりでなく、外部環境にも強い関心を持つ必要があると考えます。



『働く』という事についてよく考えるようになりました。

私はグループのトップとして、皆様方に2つの幸せを送ることが出来ると思います。

1つ目は『働く事の幸せ』

2つ目は『経済的な幸せ』です。

1つ目の『働く事の幸せ』ですが、我々は院訓そして患者様第一を徹底することで

患者様に必ず「有難う。」と言われる回数が増えます。

周りの方に気を配りながら働くと周り人からも「有難う。」と言われる回数が必ず増えます。

「有難う」と言われるのは気持ちが良いですよね。これが働き甲斐です。

まず、この幸せを目指して頂きたいと何時も思っております。

結果としてお給料という形で『経済的な幸せ』得ることが出来ます。

私はいつも思うのですが、『働く事の幸せ』が主であり結果的に『経済的な幸せ』を得る

この順番だけは変えたくない、そして変えて頂きたくないと思っております。

今日もこの様な時代です。皆様、感染だけは十分に気を付けてお仕事されて下さい。