研修プログラム|福岡・山口・広島・岡山・兵庫・北九州の歯科診療「医療法人宝歯会」

自己実現支援

  • TOP  >  
  • 自己実現支援

「なれる最高の自分になる」Academic

理事長からのメッセージ

我々はいつも「良い仕事」をします。そして「良い医院」にします。そして患者様と社会に貢献致します。
【良い仕事】とは、
1:患者様が喜ぶ
2:働く周りのスタッフも喜ぶ
3:少しでも工夫する
と私は考えています。これを徹底し継続することで、【良い医院】になります。

【良い医院】とは、
1:患者様に独自の高品質なサービスを提供する
2:スタッフ自身が働き甲斐を感じる
3:結果的には高収益になる
これらを徹底し継続することで【良い医院】になります。
これにより患者様が喜び、スタッフ自身が働き甲斐を感じ、
グループとして発展することが出来ます。
すなわち、グループとして地域に貢献し、国に対しても納税等で大きく貢献できるという事です。

【良い仕事】をして、【良い医院】にする事と同時に、我々が重要視していることがあります。
それは、スタッフ自身が自己実現することです。その為に私は3つの事を大事にしています。
1:入社研修を行い、方向性を統一する。
2:歯科医療を学ぶ機会を最大限にする。
3:社会人としての学びの機会も最大限にする。

この3つの事を提供することにより、我々は医療人としては勿論、社会人としても一流を目指していけると考えています。
すべてのスタッフに対して「なれる最高の自分になる」、そういう自己実現の学びの場を全力で提供して参ります。

医療法人宝歯会 かじわら歯科医院
理事長 梶原 浩喜

理事長からのメッセージ

歯科医学を学ぶ

歯科医師

1:分院長講義

分院長講義

入社したドクターは、分院長を中心とした講師により、宝歯会の歯科治療に対するやり方やエビデンスを講義頂いております。
20人の歯科医師が年に一回以上、テーマ別で講演を行い、実習付の講義が多いのも特徴です。
新卒歯科医師やブランクの長い歯科医師の方の参加を奨励しております
対象:研修医、その他希望者

2:症例発表会(年2回程度)

新人の歯科医師にとって大事なのは、【同期】のドクターがいるという事です。
同期入社のドクターと年に二回の症例発表会を通して、切磋琢磨して頂く機会を設けております。
その事により、歯科医療という仕事に働き甲斐を感じて頂けると共に、【同期】の大切さを感じて頂いています
。 対象:研修医、分院長(監修、発表)

3:外部講師を招いての歯科医師向け学術セミナー(年12回以上)

大学の著名な教授、さらには開業医の先生をお招きして、最先端の歯科医療について学べます。
講演については、各医院のスタッフが全て一定期間、オンデマンドにて繰り返し学んでいただけます。
対象:1~3年目歯科医師、その他希望者
<開催事例>
令和2年2月14日(金) 柿木 保明 先生 九州歯科大学歯学部 老年障害者歯科学分野 教授
演題:要介護高齢者の歯科診療に必要な病態と自然医学の知識


令和2年1月24日(金) 小山 浩一郎先生 おやま歯科中通り診療所・院長 (長崎市開業)
演題:口腔機能回復率の向上を目指して

4:インプラント実技セミナー

インプラント実技セミナー

梶原理事長の師匠で近未来オステオインプラント学会の会長であります糸瀬正通先生を
講師にお招きし、インプラントの実技セミナーを開催しております。
『インプラント FINESIA 一日コース(講義・実技)』
対象:歯科医師

衛生士

4:新卒歯科衛生士向け歯周基本治療セミナー(年2回)

新卒歯科衛生士向け歯周基本治療セミナー

歯科衛生士は、歯周基本治療や予防処置に関わる機会が多くあります。
このセミナーでは、歯周基本治療について実習付きで深く学んで頂きます。
対象:新卒の歯科衛生士やブランクのある歯科衛生士

5:歯科衛生士、歯科助手向け学術セミナー(年5回程度)

スタッフの自己実現を支援する為、学術的な事は勿論、知識やマナー等も学んで頂く機会を設けております。
それにより、患者様からの「有難う」と言われる機会が大きく増えていると感じています。
対象:歯科衛生士、歯科助手

正しい考え方を学ぶ

1:入社時研修

入社時研修

入社された全ての社員は、宝歯会本部において入社研修を行っております。
内容は、ミッション・ビジョン・理念・わが社の歴史等を深く学び、理解して頂くことです。
その事により、方向性が定まり、医院としてのまとまりも出来、
自身も患者様から「有難う」と言われる事が格段に増え、働き甲斐も増えていきます。
我々はこの入社研修を大事にしております。
対象:全職員
【研修カリキュラム】(歯科助手研修の一例)
1日目:理念研修、規律規定研修、ロールプレイング、院内接遇・電話研修
2日目:理念確認、口腔内の基礎知識、概要、ロールプレイング、カルテ・ファイル等の知識
3日目:理念確認、院内接遇、院内実習、ロールプレイング、保険証・医療証・アポ表・薬等の知識
(※一例です。職種や経験により内容は変更されます)

2:毎朝の朝礼・毎月のミーティング

スタッフ自身に歯科業界のみならず社会に関心を持ってもらいたいと考え
毎朝の朝礼や月に一度のミーティングを続けております。
それによって、知識・技術の共有だけでなくスタッフ間の意識の統一も生まれ、
業務の効率化や生産性が改善されます。
対象:分院全スタッフ

3:マネージメントアカデミー(年8回開催)

マネージメントアカデミー

分院長、更には将来のリーダーになり得る方に対して、
以下の項目についてマネ-ジメントアカデミーを行っております。
①マネージメントについて
②人間観について
③我々の目指す歯科医療グループについての確認
これらを学ぶことにより、リーダーとして必要な知識を身に着けて頂きます。
対象:分院長、分院長候補歯科医師、総合職

理事長 梶原浩喜の経営・運営に関する主な講演歴(一部紹介)
2007年 『私の役割(インプラントから訪問診療迄)』
2010年  鹿児島大学歯学部同窓会 『私の目指す歯科医療』
2014年  Cadaver Hands-on Course of Dental Implantology(台湾)講師として参加
2017年10月 鹿児島大学同窓会 『規律の中の自由
2018年5月 上海益涯医療管理有限公司『規律の中の自由』
2018年10月 日本国際歯科大会『自分の人生を変えた2つの本(クインテッセンス出版)』
2019年8月 稲盛和夫さんに学ぶ『経営』や『人生』
2020年1月 『10年で30倍』への取り組み~稲盛和夫、小宮一慶 二人の師匠から学んだこと~
その他多数講演実績あり

以上

<末尾に>
我々も歯科医院も小さな会社としてみると、社会の大きな流れに逆らうことはできません。
だからこそ我々は、リーダーにはミッションやビジョンの実現の為、以下の事を学んでいく必要があると考えます。
①我々の内部環境(人、物、お金)についての正しい認識
②我々を取り巻く外部環境についての正しい認識
③内部環境、外部環境を正しく認識することによって、戦略(何をやって何を止めるか)を立案する能力

勿論その前提として「人間として、社会人として、歯科医院として」正しい人間観を持つことが必要です。
それによって我々がリーダーとしての能力を発揮することで、
たくさんのスタッフを幸せにし、患者様と永くお付き合いすることが可能となります。

宝歯会の研修プログラムは、全てのスタッフの自己実現の為に、人生の礎になるものにしていきたいと考えております。

宝歯会マネージメントアカデミー 塾長 梶原浩喜

【学べる環境を提供致します】

好きな時間に学べます

我々のセミナーに参加する事は勿論できますが、
スケジュールの都合等で参加できなかった方々向けに、
オンデマンドにてセミナー映像を閲覧する環境を提供しております。
忙しくても学びたい方、自己実現をしたいという方には好評を得ているコンテンツです。